昭島の整体は「昭島クーア整骨院」へ

 

「症状に悩まれ、笑顔のみられなかった患者さんの笑顔がみられたとき
この仕事をしていて良かったと心から思えます」

 

  院長      根立 研裕 (ねだち けんゆう)

根立 研裕

 ・柔道整復師
・DRTセミナー受講

・JCCAアドバンスセミナー受講

・業界歴 6年


略歴

2015年  

関東柔道整復専門学校卒業
国家資格 柔道整復師免許取得
日野市の整骨院で勤務

東京家政学院大学 女子ラクロス部トレーナーとしても活動

2020年 調布市で独立開業
2021年 昭島クーア整骨院  院長 就任
現在 多くの悩みを抱えた患者様のお力になれるよう日々の施術、技術知識の向上に努めております

 

趣味

カフェ巡り
スイーツを食べること
サッカー

 

健康のために行っていること

毎日しっかり水を飲む

 

ご挨拶

初めまして、昭島クーア整骨院の根立研裕 (ねだち けんゆう) と申します。t3-1

当院のHPをご覧いただきありがとうございます。

私のことを少しでも知って頂けたらと思い自己紹介文を載せさせて頂きますので、ぜひご覧ください。

東京都青梅市出身。1990年5月16日、兄と姉の3人兄弟の末っ子として生まれました。

兄の影響でサッカーを始め、中学ではU-15日本代表候補に選出され、高校ではクラブチームに在籍し、チームで全国2位の成績を残す事が出来ました。

 

【 この道を選ぶまで 】

学生時代サッカーに明け暮れ、練習前に他の人より早く行きボールを蹴り、練習後も照明が消えるまで自主練習をしていました。そんなハードな毎日を過ごす中、繰り返し怪我をするようになり、高校時代では全治3ヶ月のケガを4度するほどでした。、リハビリや治療に費やす時間も多く、思うようにプレー出来ないこの時期が人生で一番辛いものでした。

しかし、チームトレーナーの方や病院の医療スタッフの方達と触れ合う機会が増えたことで、自分も『怪我や痛みで悩む人を支える側の人間になりたい』と強く思うようになりました。

そしてスポーツ推薦で進学した大学を思い切って退学、柔道整復師の専門学校への入学を決めました。

専門学校に通いながら体育大学が近くにある整骨院でアルバイトをし、特に外傷の患者さんを多く診ました。

【 資格取得後 】

国家資格取得後は日野市にある保険診療を中心とした施術を行う整骨院で勤務しました。そこでは患部を中心に施術を行っていましたが、改善する方もいれば全く改善しない方もいらっしゃり、それが何故だか解らず壁にぶち当たりました。そこで、休日はセミナーや勉強会に参加し、疑問を解決するための知識や技術を学びました。学びが深くなるにつれ、保険診療の患部のみの施術では限界があるのだと思い知りました。保険診療の枠にとらわれずお身体を全身的に診たうえで『もっと患者さんに合わせた施術を行いたい』と強く思うようになり、2020年に完全予約制の自費診療治療院を開院。

肩こりや腰痛をはじめ、坐骨神経痛、変形性膝関節症、偏頭痛、五十肩等で悩まれる患者さんが多く来院されました。

施術風景

その後、当院の代表である青木先生にお声をかけて頂き、患者さんに対しての向き合い方や物事の考え方に強く共感し、この人の元で働く事でもっと患者さんを救う事が出来ると思い、昭島クーア整骨院の院長を務めさせていただくことになりました。

一時的な症状の回復ではなく、根本的に健康な身体作りを目的に施術を行います。

その為に、患者さん自身が現在どのようなお身体の状態なのかを理解して頂いたうえで、患者さんと一緒に健康な身体を維持していけるよう導いてまいります。

 

『誠心誠意向き合い施術致しますので、よろしくお願いします。』

 

  副院長      佐々木 力愛 (ささき りきあ)

 ・柔道整復師佐々木 力愛

 ・業界歴 9年

 

 

略歴

2012年  

帝京平成大学 ヒューマンケア学部 柔道整復師学科 卒業
国家資格 柔道整復師免許取得

2012年 青梅市の整骨院にて勤務
2018年 大手グループ整骨院にて分院長として勤務
若手スタッフの人財育成に携わる

・数多くの治療法を学び、【筋・関節・神経】に細分化した視点から治療を 学ぶ

・メディカルフィットネス Produce主催
 治療セミナーに講師として登壇

現在 多くの悩みを抱えた患者様のお力になれるよう日々の施術、技術知識の向上に努めております

趣味

ゴルフ
身体を動かす

健康のために行っていること

普段から姿勢に気をつけています

ご挨拶

初めまして、副院長の佐々木 力愛(ささき りきあ)と申します。佐々木 問診
1990年10月1日生まれで、東京の青梅市というところで豊かな大地と共に育ちました。
小学生から高校までは野球に明け暮れており、高校では名門の高校で日夜野球に取り組んで参りました。
怪我により途中で退部することになってしまいましたが、今でもその時に学んだ礼儀や培った精神力は私にとってかけがえのない財産です。

【この道を選ぶまで】

私がこの仕事に就いたのは自らの怪我がきっかけでした。
私は中学生の頃から怪我が多く、常に怪我に悩ませられていました。
特に高校1年生の時に、過度のトレーニングにより酷い腰痛を患い、痛みで夜も眠れない状態になったことがありました。
当然練習にも参加できず、このまま治らなかったらどうしようという不安に苛まれていた時に、ある整骨院に出会いました。
そこで先生に今の状態を伝え、検査をしてもらい、なぜ痛みが出ているのか、どうしたら良くなるのか、自宅でどのようなことに気をつけるのかなど、事細かくその先生に教えて頂きました。
治療後私の腰はびっくりするほど痛みが取れていました。
その時の感動は今も覚えています。
しっかりと治すために通院して、今では一切支障なく生活できるようになりました。
その時にちゃんと治療していなかったら自分の腰はどうなっていたのだろうとゾッとします。佐々木 施術風景

そして時が経ち自らの進路を考えたときに、ふと頭に出てきたのが僕を治療してくれた先生のお顔でした。
自分のように痛みで困っている人は世の中にたくさんいる。
自分を治してくれたように、自分も誰かの痛みの解決の力になれないか。
そう思い、この仕事に就きました。

志を持ちこの仕事に就いた以上、誰よりも勉強し、誰よりも多くの患者さんの力になろう。
仕事ではなく、志事として働こう!
これを心情に今も仕事をしております。

これまで培ってきた学びや経験を、昭島クーア整骨院に来院される1人でも多くの患者様に還元したいと思っております。
身体のお悩みがありましたら、お気軽にご相談していただければと思います。

 

 川崎 大樹 (かわさき だいき)

 ・柔道整復師川崎

 ・業界歴 5年

 

 

 

略歴

2018年  

東京柔道整復専門学校 卒業
国家資格 柔道整復師免許取得

朝霞市内の接骨院で勤務

2021年

昭島クーア整骨院に勤務

現在 多くの悩みを抱えた患者様のお力になれるよう日々の施術、技術知識の向上に努めております

趣味

スポーツ鑑賞

健康のために行っていること

お風呂後のストレッチ

散歩

ご挨拶

初めまして、川崎 大樹(かわさき だいき)と申します。
埼玉県朝霞市出身、1996年12月19日、姉と弟の3人兄弟の長男として生まれました。
小学生から中学校まではサッカー、高校3年間はハンドボールに取り組んでいました。

【 この道を選ぶまで 】

小学生から高校までスポーツをしていて、自分自身、怪我をする機会が多くそのたびに接骨院に通っていました。そこで身体がどうなっているのかを説明され、治療をしてもらい自宅でできるトレーニングなどアフターケアも教わり、身体を大事にすることの大切さを学びました。

それと同時に人の悩みや身体の状態を把握して、解決していくこの仕事は素晴らしいと思い、高校卒業後、専門学校へ進学、接骨院に勤務しながら国家資格である、柔道整復師を取得しました。

【 資格取得後 】

資格取得後は、地元の朝霞市で保険診療が中心の接骨院に勤務しました。
そこで、怪我やスポーツ障害で来院される方より慢性的な痛みや辛さで悩まれている方が多いことを実感しました。
施術をしていく中で変化がなかったり、なかなか改善されない現状を知り、自分の力不足を痛感し、根本的にお身体を診ていくことの重要性を感じ、全身的に身体を診て治療していくことが出来る自費治療院への転職を決意しました。

自分自身が接骨院の先生に出会い感動したように、自分も施術を提供することで、感動を与えるのと同時に、一時的な症状の回復だけでなく、痛みの繰り返さない健康的なお身体づくりを全力でサポートさせて頂きます。

患者さんのお力になれるよう全力で務めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

昭島の整体は「昭島クーア整骨院」へ PAGETOP